医院概要

HOME» 医院概要 »個人情報保護方針

医院概要

個人情報保護方針

医療法人秀瑩会 木野産婦人科医院
 個人情報保護規程 医療業務に関する個人情報取扱業務概要説明書


個人情報の利用目的
本業務による診療・分娩にかかわるサービスの提供を適正かつ円滑に行い、利用者の医療行為全般の向上を図ることを目的としています。

当院における個人情報の利用・提供方法

  1. 患者様に提供する医療サービス

  2. 医療保険事務

  3. 入退院等の病棟管理、会計・経理、医療事故等の報告、医療サービスの向上

  4. その他、患者様に係る管理運営業務

  5. 他の医療機関等との連携

  6. 他の医療機関等からの照会への回答

  7. 保健・医療・福祉に関連する行政機関等との連携

  8. 患者様の診療等にあたり、外部の医師等の意見・助言を求める場合

  9. 検体検査業務等の業務委託

  10. ご家族等への病状説明

  11. 審査支払機関へのレセプト提出

  12. 審査機関または保険者からの照会への回答

  13. 事業所等から委託を受けた健康診断に係る、事業所等への結果通知

  14. 医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等

  15. その他、患者様への医療保険事務に関する利用

  16. 院内臨床実習(医療専門職の学生等)への協力

  17. 学会・医学誌等への発表



上記のうち、同意しがたい事項がある場合には、その旨を窓口までお申し出ください。
 お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
 これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

その他の情報
本事業担当者が、上記情報の取得その他の機会において、本事業利用者から相談を受けた事項は、本人の同意のない限りは、本事業担当者以外には伝えません。

個人情報保護担当者・本事業における苦情対応担当者 受付窓口・事務長西尾まで



 


 
医療法人秀瑩会 木野産婦人科医院 個人情報保護規程第5条の規定に基づく、医療業務にかかわる個人情報の種類等についての規定は、下記の通りです。

 

(目的) この規定は、木野産婦人科医院が保有する個人情報の適正な取扱いの確保に関し必要な事項を定めることにより、事業の適正かつ円滑な運営を図りつつ、個人の権利利益を保護することを目的とします。
 

(当院の責務)

当院は、個人情報保護に関する法令等を遵守するとともに、実施するあらゆる事業を通じて個人情報の保護に努めるものとします。
 

(利用目的の特定)

当院は、個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的をできる限り特定するものとし、
 利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲で行うものとします。
利用目的を変更した場合は、変更した利用目的について、本人に通知します。

(利用目的外の利用の制限)

当院は、あらかじめ本人の同意を得ることなく個人情報を取り扱わないものとします。
次の各号のいずれかに該当する場合には、あらかじめ本人の同意を得ないで個人情報を取り扱うことができるものとします。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(取得の制限)
当院は、個人情報を取得するときは、利用目的を明示するとともに、適法かつ適正な方法で行うものとします。
当院は、思想、信条及び宗教に関する個人情報並びに社会的差別の原因となる個人情報については取得しないものとします。
当院は、原則として本人から個人情報を取得するものとする。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでありません。
(1) 本人の同意があるとき。
(2) 法令等の規定に基づくとき。
(3) 個人の生命、身体又は財産の安全を守るため緊急かつやむを得ないと認められるとき。
(4) 所在不明、判断能力が不十分等の事由により、本人から取得することができないとき。
(5) 相談、援助、指導、代理、代行等を含む事業において、本人から取得したのではその目的を達成し得ないと認められるとき。

 

 

(個人データの適正管理)

当院は、利用目的の達成に必要な範囲内で、常に個人データを正確かつ最新の状態に保つものとし、個人データの漏えい、滅失、き損の防止その他の個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
当院は、利用目的に関し保存する必要がなくなった個人データを、確実、かつ速やかに破棄又は削除します。
当院は、個人情報の取扱いの全部又は一部を当院以外の者に委託するときは、原則として委託契約において、個人データの安全管理について受託者が講ずべき措置を明らかにし、受託者に対する必要かつ適切な監督を行うものとします。
 

(個人データの第三者提供
当院は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供しないものとします。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

 

(保有個人データの開示等)
当院は、本人から、当該本人に係る保有個人データについて、書面により、その開示の申し出があったときは、身分証明書等により本人であることを確認の上、開示をするものとします。ただし、開示することにより次の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示しないことができます。
 (1)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
 (2)当院の事業の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
 (3)他の法令に違反することとなる場合
 開示は、書面により行うものとします。
 保有個人データの開示又は不開示の決定の通知は、本人に対し書面により遅滞なく行うものとします。
 
 

(保有個人データの訂正、追加、削除、利用停止、等)
当院は、保有個人データの開示を受けた者から、書面又は口頭により、開示に係る個人データの訂正、追加、削除又は利用停止の申出があったときは、利用目的の達成に必要な範囲内において遅滞なく調査を行い対応いたします。
 

(個人情報保護管理者)(苦情対応)
当院は、個人情報の取扱いに関する苦情について必要な体制整備を行い、苦情があったときは、適切かつ迅速な対応に努めます。
苦情対応の責任者 事務長西尾かほる


 


 

1970/01/01