当院の診療システム

HOME» 当院の診療システム »妊娠糖尿病に対する教育と取り扱い

当院の診療システム

妊娠糖尿病に対する教育と取り扱い

妊娠糖尿病とは、妊娠によるホルモン変化のために、母体が高血糖になることです。明らかな糖尿病には至らない軽度なものを指し、その発症率は12~15%とも言われており、決して珍しいものではありません

わたしや赤ちゃんにどんなリスクがあるの?
母体が高血糖になると、母体の合併症だけではなく、おなかの赤ちゃんへも影響します。高血糖を放置すると、流産や早産、妊娠高血圧症、巨大児、新生児の低血糖などのリスクが上がることが分かっています

どんな検査をするの?
血糖の検査を行います。通常の採血検査で基準を超えた場合には、糖負荷試験という検査を行います。妊娠糖尿病と診断されたら一般的には、糖尿病専門の内科医師に紹介し、その後の血糖管理はすべてお任せすることになります。通常、糖尿病の治療には、①食事療法 ②内服療法 ③インスリン注射 がありますが、妊婦さんは内服療法が行えないため、インスリン注射を行うことが多くなります

当院の考え方は
妊娠糖尿病というのは、より血糖値が高くコントロールが難しい本来の糖尿病とは異なり、赤ちゃんを養うために通常よりもエネルギーを必要とする母体の、ある意味では大切なしくみの延長に出てくる病気だと当院は考えています

患者さんへの対応は
まずは当院で研究を重ねてきた食事療法や、生活習慣の工夫を積極的に取り入れることに重点を置いています。それにより、不要な薬を避けることができ、また妊婦さんが産科と内科の2つの科を受診する負担を減らすメリットがあります。当院には管理栄養士が常勤しており、妊娠初期から全妊婦さんへ関わることによって、妊娠糖尿病の発症を予防することにも力を入れております

詳細 ダウンロード用ファイルPDF『
妊娠糖尿病の管理方針と食事法の効用』 A3サイズ(横) ここをクリック 3MB