当院の診療システム

HOME» 当院の診療システム »硬膜外無痛(和痛)分娩を希望される方へ

当院の診療システム

硬膜外無痛(和痛)分娩を希望される方へ

 当院では分娩に応用する技術の一環として麻酔和痛分娩をおすすめしております。
痛みに弱く、精神的緊張や、不安の強い方、産道が硬く、難産が予想される方には適していると思います。
母子共に安全を第1に考えた方法として、より良いお産になることを望んでおります。



硬膜外麻酔による無痛分娩とは
 出産に伴う痛みは、背中の【脊髄】という神経を通って脳に伝えられます。硬膜外麻酔による無痛分娩は、背中から細いカテーテル(柔らかいビニールのチューブ)を硬膜外腔(腰の脊髄の近く)に入れ、そこから局所麻酔薬を少量ずつ注入することにより、出産の痛みを和らげる方法です。腰から下の感覚が鈍くなりますが、足を動かすことや、いきむことはできます。赤ちゃんが生まれるまで続けて注入するので、途中で麻酔が切れてもつらくなることはありません。
麻酔薬の影響が赤ちゃんに直接作用する事はほとんどありませんのでご安心下さい。


ご希望の方はお申し出下さい。

夜間帯に陣痛が発来し、入院となった場合、時間により麻酔処置や管理(麻酔分娩)ができない事もあります。


実際に和痛分娩を体験した患者さんの感想の紹介!

 
・麻酔が入る予定時刻まで数時間あり、その間、通常のお産と同じ経験ができ、痛みもどういうものか分かり良かったと思いました。そして麻酔が入った時にはとてもリラックスすることができ、体力も最後まで保ちました。初めてのお産で不安だらけでしたが、次も和痛でと考えています。もっと早く和痛分娩を知っておけば良かったなと思いました。二人目の時も是非宜しくお願いします。
 
・麻酔薬を使用する前は、緊張して色々な所に力が入っていました。使用後は眠くなる位でした。もう無理って思える所まで陣痛を体感できたのは良かったです。母子の安全を考え、和痛分娩を選んで良かったです。
 
・麻酔を使用したら一気に痛みが無くなり、麻酔の切れるタイミングを迎えるのが恐かったです。もともと麻酔が効き辛い体質なので、効いている時間が気になりましたが、辛くなるとすぐ麻酔を足して頂けたので安心しました。初めての出産で少し想像とは違う結果でしたが、一番良い方法で対応して頂き満足のいくお産ができました。まだずっと先ですが、二人目が出来た時も主人を説得して、和痛分娩にしたいと強く思いました。
 
・麻酔薬を使用した後は主人と冗談を言えていたり、眠れたりすることが出来るほど、痛みを感じませんでした。最後、『お腹の子を迎える時は、笑って迎えてあげたい』ということが二人の希望だったので、希望通りになりました。100%の満足度です。
 
・麻酔を使用する前は、陣痛の痛みが強すぎて、息をするのも辛かったです。麻酔を入れてもらってしばらくして、100%近く痛みが消えました。難産でしたが、無事にお産を進めて下さった先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。なかなか自分の体調と子どものできるタイミングが合わずにおり、流産を経験していて、最後には子宮口が硬いと言われていたので、産まれるまで本当に不安でいっぱいでした。こうして出産することができて、本当に感謝しています。
 
・麻酔が効いてくると、骨盤あたりの痛みは感じなくなりました。陣痛がくると、腹筋運動をしているような感覚に思えました。赤ちゃんの頭が下りてくると、圧迫されるような感じがありました。一人目は陣痛の時、股にボールを当てて陣痛の痛みをのがすのも辛かったけど、今回はお産の進みも早く良かったです。本当に良いお産ができたと思っています。
 
・麻酔薬を使用した後の痛みは全て違いました。全く陣痛を経験しないわけではなく、ある程度は痛いので、両方の痛みを経験できました。私は内診がすごく痛く思えてそれだけでも辛かったので、和痛分娩はリラックスしてお産に集中できました。また、産後の処置も楽でした。